診療について

◆診療動物

犬・猫の診療が中心ですがそれ以外の動物は事前にご相談ください。

 

◆来院時のお願い

ケンカや逃走防止のためご来院時、犬はリードを必ずしてください。猫はキャリーバッグまたは洗濯ネットに入れてください。病院前の通りは非常に交通量が多く、飛び出してしまうと、大事故につながってしまいます。

 

◆各種予防注射

万が一のアレルギー対策として、予防注射(混合や狂犬病)の接種の際は、午前中または午後の診察の早い時間にご来院してください。まだ注射接種後、20分前後待合室にて様子を見ていただきます。更に帰宅後も様子を見ることができる日にしてください。接種予定日から多少すれても問題ありません。

 

◆夜間診察

診療時間終了後の診察は原則「DVMs どうぶつ医療センター横浜(旧横浜夜間動物病院(045-473-1289)」の受診をお願いします。ただしスタッフが残っている場合に限り診察に応じます。来院前に必ずお電話にて確認してください。また治療費の他に時間外診療料が別途発生します。

※症例によってはDVMs どうぶつ医療センター横浜への転院もあります。その際の移動は飼い主様にお願いしています。

 

◆電話対応

診察混雑時、お電話いただいてもなかなかお受けすることができません。また対応できたとしても、お問合せに充分にお答えする時間が無いことが多々あります。お手数ですが少し時間を空けてからお掛け直し下さい。基本的には、ご来院いただいている方を最優先とさせていただきますので、何卒ご理解、ご協力お願い致します。

 

◆往診

ご都合で来院不可能な場合が事前予約にて往診を受付けます。ただし下記の条件があります。

・ご自宅周辺に往診車両の駐車が可能なこと

・原則、診断のついていること(継続治療のみ対応)

・ペットの送迎(病院への搬送)は致しません

・病院での診察が優先なのでご希望の時間に添えない場合があります

 

◆お昼の診察

当院診察時間内に来院できない、確実に駐車場を利用したいなどの場合、月・木・金のお昼休みの時間帯、完全予約制にて診察を行います。ただし手術や検査、往診等が重複している場合は希望に沿うことができません。前日までにお電話で確認してください。

 

 

image003.jpg
 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
045-915-5519